「ピートローズより上か」と聞かれた時の元チームメイトが語るイチロー

青文字の単語/表現を後で詳しく解説します。

動画の00:4〜

司会:I have to ask you both about some of your former teammates who are in the news right now. Ichiro Suzuki, for you Junior. And of course, Pete Rose for you Senior. We saw Ichiro 4257 hits between Japan and North America would put him in front of Pete Rose, who we know is the all-time hit King.
(お二人の以前のチームメイトについてお伺いしたいのですが、グリフィー・シニアさんはイチロー、グリフィー・シニアさんはピートローズですが、イチローが日米通算4257安打を達成して、永遠のヒット王として知られるピート・ローズを超えました。)

司会:Jr, do you feel like Ichiro should get that title now for what he’s been able to do both in Japan and the Majors?
(ジュニアさん、イチローの日米での活躍を見て、今は彼が「ヒット王」の称号を得るべきだと思いますか?)

マクナブ:It’s tough because number one, you know, you have it’s still a professional sport over in Japan, but you’re gonna count the records here in the U.S. and U.S. only. But you know I think the Mariners gave it a world title. And I think that’s great that they came up with something new.
(難しい問題ですよね。まず、日本でも一応はプロスポーツなわけですし、でも普通はアメリカだけの記録をカウントするので、マリナーズが彼に
「世界タイトル」をあたえましたよね。そういう新しい称号を思いついたのは良かったと思います。)

マクナブ:But he’s a phenomenal athlete. you know, I’ve always told him that you have a lot of fun out there, and you know when you go out 262 hits in the year, you know, and most of guys going out 130 or 150 and you’re almost doubling it, but you know, he he works hard each and every day they had, you know, you just take your hat off to him.
(彼は本当に素晴らしいアスリートです。僕が彼にいつも言っていたのですが、年間262本も打てたら、すごく楽しめると思うんですよ。ほとんどの選手は130本とか150本しか打てないのに彼はその2倍打つわけですから。イチローは本当に毎日毎日全力で努力していて、彼には本当に頭が下がります。)

 

出典: Sports Illustrated/The Griffeys weigh in on ‘Hit King’ debate between Pete Rose, Ichiro/https://www.youtube.com/watch?v=TVgp0fQhUU4

 

🍀重要表現&フレーズ解説🍀

(✅は最重要)
(🆙は使えると会話力UP)
(🔥は上級レベル)

all-time → 史上最も、永遠の

all-timeは記録の時によく使われる形容詞です。

「(過去から現在の中で)史上最高の」と「不変の、永遠の」という2つの意味があります。

過去最高記録や最低記録の時によく、all-time high/lowなどと表現されます。

The stock price hit its all-time high.
(その株価は史上最高値を記録した。)

Giants holds all-time wins record.
(ジャイアンツは歴代位最多勝利記録を保持している。)

Arashi is my all-time favorite idol group.
(嵐は私の1番お気に入りのアイドルグループです。)

 

✅🆙come up with 〜 → (考え、アイデアなど)〜を思い付く、提案する

これは超超超頻出&重要な熟語ですね。知ってる方も多いと思います。

How did you come up with such a crazy idea?
(そんなぶっ飛んだアイデアどうやって思いついたの?)

We’re at a dead end. We need to come up with a new solution.
(これ以上どうしようもない。新しい解決策を考えないと。)

 

🔥phenomenal → 素晴らしい、並外れた

あまり知られていないですが、ネイティブが誰かや何かを褒める時によく使われる形容詞です。

amazing, outstanding, remarkable, extraordinary…などが類語になります。

Ichiro has a phenomenal success.
(イチローは素晴らしいし成功を収めた。)

Japan experienced a phenomenal economic growth after WW2.
(日本は第二次世界大戦以降に驚異的な経済成長を経験した。)

 

🔥take one’s hat off to 〜 → 誰々に脱帽する、頭が下がる

日本語でも「脱帽する」という表現をしますがこれは、誰かに対して尊敬の意味で「帽子を取る」ということですよね。

西洋でも同じ表現をしてるのは面白いですね。

モンテ
モンテ
主語を言わずに、「hats off to 誰々」という言い方もできます。

My brother achieved his dream of becoming a professional soccer player. I take my hat off to him.
(私の弟はプロのサッカー選手になるという夢を叶えた。彼には本当に頭が下がる。)

Hats off to the president’s effort.
(社長の努力には脱帽だよ。)

 

 

映画を使った映画学習法

 

洋楽を使った英語学習法

 

海外ドラマを使った英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です