engageの8つの意味と使い方を完全マスター

 

多義語界の巨匠、engage

 

engageと聞いて、どんな意味を思い浮かべますか?

婚約するとか〜に携わるなんて意味で知っている人が多いと思います。しかしengageはそれ以外にも多くの副次的な意味があります。

そのため、「あれ、engageってどんな意味だったっけ?」と辞書を調べてみたら、意味がぶわああっと出てて必ず混乱します。

今回はengageの意味と使い方を、簡潔にかつ詳細にまとめました。

 

engageの8つの意味

 

engage

①(活動などに)参加する/関わる/〜をする ✅

②(注意/興味/関心を)引きつける、誰々を(会話/議論に)加える ✅

③約束する、保証する

④婚約する

⑤雇う

⑥(より理解するために)人や考え方に触れあう/関わる

⑦(敵と)交戦する/攻撃する

⑧(歯車などを)噛み合わせる/が〜と噛み合う

✅…特に覚えておきたい重要な意味

それでは、8つそれぞれ詳しく解説していきます。

 

①(活動などに)参加する/関わる/〜をする

“To do or become involved in an activity .

 

この意味で使われるときは、自動詞の engage in の形で使われることがほとんどです。(またはengage on)

他動詞の「関わらせる」という意味も存在しますが、この場合受動態で使われることが多く、その場合 be engaged in 〜 になります。

よく辞書では「従事する」という訳し方をされていますが、個人的には従事自体が硬く、イメージしづらいのであまり適切でないように思います。

他動詞でも、engage oneself in 〜で「〜に専念する、本気で取り組む」という使い方もされるようです。

 

覚えておきたいengageの形 (自動詞)

・engage in 〜 / doing 〜
・engage on/upon 〜
→ (活動など)に参加する、関わる / 〜をする

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞)

(*通常受け身)
・be engaged in 〜
→ 〜を行っている/に参加している

・engage oneself in 〜
→ 〜に専念する

 

We’re researching how many people engage in daily exercise.
(どれくらいの人が日頃運動に取り組んでいるかを調査しています。)

Those who engaged in the destructive act have been arrested.
(破壊行為を行ったものは逮捕された。)

Even after his retirement, the former president has still been engaged in social issues.
(トムは応募者の中で最も有能だったので、我々は彼を雇うことに決めた。)

She engaged herself in studying English.
(彼女は英語学習に専念した。)

 

 

engage in と be engaged in の違い

engage in は参加する/〜するという主語の行動(アクション)を示していて、

be engaged in は参加している/〜しているという主語の状態を表します。

ニュアンス的には両者に決定的な違いはなく、この場合にはどちらかを使わなければいけないということはありません。

 

 

 

②(注意/興味/関心を)引きつける、
誰々を(会話/議論に)加える

“To attract someone’s attention or interest.”

 

 

2つ目の意味は誰かの注意/興味/関心などを引きつけるという意味です。

さらに、誰々を会話や議論に加えるという使い方もされます。

これらは注意/興味/関心、会話/議論と使われる状況にパターンがあるので比較的覚えやすいと思います。

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞)

・engage 〜
→ 〜を引きつける、引く *〜には注意/興味/関心などが入るが、目的格を直接入れることも可能

– engage someone’s interest (誰々の興味/関心を引く)
– engage someone’s attention (誰々の注意を引く)
– engage him (彼を惹きつける)

・engage 誰々 in 〜
→ 誰々を〜に加える、引き込む *〜には会話/議論などが入る

– engage someone in conversation (誰々を会話に加える)
– engage someone in discussion (誰々を議論に加える)

 

He successfully engaged the audience’s attention.
(彼は観客の興味を上手く引いた。)

We need to come up with a new idea to engage our readers.
(読者を惹きつけるために新しいアイデアを思いつく必要がある。)

Today’s topic seemed to engage her attention.
(今日のトピックは彼女の注意を引いたようだった。)

I tried to engage him in conversation but he remained silent.
(私は彼を会話に加えようとしたが、彼は黙ったままだった。)

 

 

 

 

③約束する、保証する

“To promise or guarantee something.

 

 

他動詞で何かを約束したり、保証する時にもengageが使われます。

しかし、やや古い表現であり約束はpromiseを使うのが一般的ですし、保証に関してもguaranteeやvouch forなどを使った方がより自然です。

実際に、多くの英語辞書ではこの意味すら載っていません。念のため解説しているという程度なので、必ず覚えなければいけない意味ではありません。

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞)

・ engage to do 〜
・ engage oneself to do 〜
→ 〜することを約束する

・ engage that 〜
→ 〜ということを約束する/保障する

 

engage to do my best.
(最善を尽くすことを約束します。)

She engaged herself to submit on time.
(彼女は時間通りに提出することを約束した。)

I engage that this product is worth more than its price..
(この商品は値段以上の価値があると保証します。。)

 

 

④婚約する

“To have formally agree to marry.

 

これが最も使われているengageの意味ですね。

正確には形容詞として使われることが多いので、be engaged to の形になります。③で約束するという意味があることを言いましたが、婚約するというのは結婚の約束なので③に近いと思います。

よく婚約するという意味で be engaged with にしてしまいがちですが、これは間違いです。engage with にはまた別の意味があるので注意しましょう。

覚えておきたいengageの形 (形容詞)

・ be(get) engaged to 誰々
→ 〜と婚約する(している)

 

I’m engaged to her.
(彼女と婚約している。)

Tom and Macy got engaged.
(トムとメイシーは婚約した。)

Yes, we’re engaged.
(はい、私たちは婚約しています。)

 

 

 

 

⑤雇う

“To employ someone.

 

急に別の意味が入ってきた感がありますよね。

engageで雇うと表すのはかなり硬い方法です。通常はhireやemployなどを使います。

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞)

・ engage 誰々 as 〜
→ 誰々を〜として雇う

・ engage 誰々 to do 〜
→ 誰々を〜するために雇う

 

We engaged a custodian to clean up our office rooms.
(オフィスを掃除するために用務員を雇った。)

I engaged Tom as my secretary.
(私はトムを秘書として雇った。)

 

 

 

⑥(より理解するために)人や考え方に触れあう/関わる 

“To become involved with someone or something in order to understand them.

 

 

人や物、考え方などに触れあう、関わるという意味もあります。特にそれらをより理解するためというニュアンスを持ちます。

engage with の形になることを覚えておきましょう。

 

覚えておきたいengageの形 (自動詞)

・ engage with 〜
→ 〜と触れあう/関わる

 

As a parent, you need to engage with your kids as much as possible.
(親として、我が子とできるだけ触れあうべきだ。)

It is necessary for Japan to engage with other Asian countries..
(日本は他のアジア諸国と関わる必要がある。)

Engaging with new ideas allows you to broaden your perspective.
(新しい考えに触れることはあなたの視野を広くさせる。)

 

 

 

⑦(敵と)交戦する/攻撃する

“To attack or begin to fight an enemy.

 

 

交戦するなんて意味もあります。engageって奥深いですね…

この場合、他動詞でも自動詞でも良いようです。

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞/自動詞)

・ engage  〜
→ 〜と交戦する/〜を攻撃する

・ engage with 〜
→ 〜と交戦する/〜を攻撃する

 

The air force engaged the enemy.
(空軍は敵と交戦した。)

we fiercely engaged with the enemy.
(我々は激しく戦った。)

 

⑧(歯車など)を噛み合わせる/が〜と噛み合う

“To make one part of machine fit into another part of a machine.

 

 

 

ラストです。

これはよく自電車のクラッチなどで使われることが多いです。それか上記の写真のように機械の歯車を噛み合わせる時に使われます。

 

覚えておきたいengageの形 (他動詞/自動詞)

・ engage  〜
→ 〜を噛み合わせる

・ engage with 〜
→ 〜と噛み合わせる

 

The clutch won’t engage.
(クラッチが噛み合わない。)

The wheel is supposed to engage with the cog.
(車輪がこの歯車と噛み合うはずだ。)

 

 

英語の上達にはとにかくアウトプットが重要

 

今回解説した engage、あなたならどんな例文を作りますか?オリジナルの例文を作ってみましょう。そしてそれを日常会話で使いこなせれば、もう自分のものですね。

英語を話す環境は自分で作ることが何よりも重要です。

Put yourself in an English speaking environment.
(英語を話す環境に身を置く)

中学・高校生であれば、学校のネイティブの先生がいると思いますので、話しかけてみる。大学生であれば留学生と仲良くなってみる。

それでも「英語を話す人が周りにいない」ということもあると思います。そんな時にはオンライン英会話をおすすめします。今はネットでいつどこにいてもコミュニケーションが取れる時代です。私が厳選した7つの有名オンライン英会話について解説しています。参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です