【ジョニーデップ再び!】エレンの過激な下ネタ質問コーナー

 

今回の動画の字幕

 

    今回の登場人物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青文字の単語/表現を後で詳しく解説します。

動画の00:4〜

エレン:We’re gonna play a game. It’s called “Never Have I Ever” and here’s how it works. I’m gonna ask a series of questions. Please pass these down. Take one and pass down. And I’ll play along with you. I’m gonna ask a question and we will all answer I have or I have never. And the first one is “Never ever have I been to a nude beach.”
(“Never Have I Ever”って言うゲームやるで。ルールはうちが質問するから、あ、パドル1つ取って回して。うちも一緒に参加するから質問に対して、経験があるなら”I have”、経験がないなら “I Never Have” や。最初の質問は、「ヌードビーチに行ったことがある」)

エレン:All right. “Never ever have I been arrested.”
(「逮捕されたことがある」)

エレン:“Never ever have I gotten a tattoo that I regret.”
(「後悔しているタトゥーがある」)

エレン:“Never ever have I joined the Mile High Club.”
(「飛行機でヤったことがある」)

エレン:“Never ever have I lied to get a job.”
(「仕事を得るために嘘をついたことがある」)

ポール:Oh, come on.
(マジかよ。)

グウィネス:How would you lie…. 
(どうやって嘘なんてつくの?)

ジョニデ:I constantly lie to get a job.
(俺しょっちゅう嘘ついてるわ。)

エレン:“Never ever have I gotten out of a speeding ticket by being a celebrity.”
(「有名人ということでスピード違反
を見逃してもらったことがある」)

エレン:“Never ever have I forgotten the name of a date.” Like while you’re with them? I don’t understand that.
(「デート相手の名前を忘れてしまったことがある」…….は?………相手と一緒にいる時にってことか?。意味わからんねんけど。)

ポール:Yeah that’s difficult.
(それめっちゃむずいな。)

エレン:While you’re with them? That would be really horrific.
(一緒にいる時に?めっちゃ酷いなそれ。)

ジョニデ:Yeah… yeah, I’ve never..
(うん。。。うん、まだないわ。)

エレン:“Never ever have I seen one of my ‘s co-stars naked.”
(「お互いの裸を見たことがある」)

ポール:Yeah.
(もちろん!)

エレン:You’ve all seen each other naked. “Never ever have I lied on a talk show.”
(全員お互いの裸見たんやな。「トーク番組で嘘をついたことがある」)

ポール:Hahaha I don’t believe you. I just don’t believe you.
(絶対信じられないな。)

エレン:“Never ever have I sexted.”
(「性的な画像やメッセージのやりとりをしたことがある」)

ポール:Oh, yeah. No I haven’t done that. 
(うん、まだないね。)

ジョニデ:Wow.
(マジか。)

エレン:“Never ever have I said a baby was cute when it was obviously ugly.”
(「完全にブサイクな赤ちゃんを可愛いと言ってしまったことがある」」)

ポール:Almost all the time.
(大体いつもだね。)

出典: The Ellen Show/Never Have I Ever with Johnny Depp, Gwyneth Paltrow and Paul Bettany/https://www.youtube.com/watch?v=WOgKIlvjlQ8

 

 

 

🍀重要表現&フレーズ解説🍀

(✅は最重要&使えると表現力UPのことば)

 

✅a series of 〜 → 一連の〜、〜の連続

シリーズ、と言う言葉からわかる通り、何かが続いているものに対して使われます。

注意したいのは a series ofは単数扱いになります。

A series of new services has been introduced.
(一連の新しいサービスが導入された。)

The company went bankruptcy after a series of scandals.
(不祥事が続いた後、その会社は倒産した。)

We need to conduct a series of tests for the experiment.
(この実験のために一連の検査を行う必要がある。)

 

join the Mile High Club → 飛行機内で性行為をする

the Mile High Clubというのは「飛行機内で性行為をすること」を意味するスラング的なイディオムで、現実にその様なクラブがあるわけではありません。

マイルというのはご存知の通り距離の単位のことで、「空高いところにあるクラブ」という感じです。そして、飛行機内で性行為をする、またはそれを達成することを join the Mile High Clubと言います。

もちろんジョークですが、どうやれば the Mile High Clubにjoinできるかをバカ真面目に説明している動画もあったりします笑

 

✅get out of 〜 → 〜から免れる、〜から逃げ出す/脱出する/手を引く

get out of 〜 は基本的に「〜から出ていく」という意味ですが、逃げ出すや免れるというニュアンスもあります。

All we have to do right now is to get out of this bad situation.
(我々が今すべきことはこの悪い状況から抜け出すことだ。)

How can I get out of paying the $100 fine?
(この100ドルの罰金をどうやったら免れる?)

 

✅date デートの相手(通常one’s date)

dateと言えば、「日付、日時」として知っている方が多いと思いますが、日本語のデートのように「デート、デート相手」という意味があります。

後者の意味の場合、通常one’sがつきますが、今回の場合は エレンがthe name of a dateと言っているので、デートの相手の名前だと分かります。

Bring your date to the party.
(パーティーにデート相手も連れて来なよ。)

Would you be my date?
(僕のデート相手になってくれませんか?=僕とデートしてくれませんか?
)

She kept waiting for her date to come.
(彼女はデート相手が来るのを待ち続けた。
)

 

horrific → 恐ろしい、酷い、不快な

恐ろしい事故や事件が起きた時に a horrific accident なんて言ったりします。

似た単語に terrific というのが存在しますが、意味は全く違うので気になる方はチェックしてみてください。

 

 

sexting → 性的な画像やメッセージのやり取りをすること

これは近年SNSが流行していく中でできた新しい言葉なので辞書には載っていなかったりします。

これは2010年以降のSNS世代のティーンの間ではかなり問題になってきました。これによる性犯罪や自殺などが多いそうです。

性的な画像やメッセージのやり取りをすること自体を sexting、動詞ではsextと言います。

get toには「〜になる」という過程のニュアンスが含まれます。「become frineds with」に近いと思います。

 

✅ugly → (外見が)ブサイクな、(物事が)嫌な/不快な、(事態/ムードが)不穏/険悪な

これはネイティブの間で非常によく使われる形容詞です。

Macy has very low self-esteem. She always calls herself ugly.
(メイシーは本当に自己肯定感が低い。いつも自分のことブサイクって言ってる。)

This is the ugliest sexual harassment I’ve ever seen.
(これは今までで一番不快なセクハラだ。)

Things are getting ugly.
(事態はどんどん険悪になっていっている。)

 

all the time → いつも、四六時中

例としてジャスティン・ビーバーの Love Yourself という曲の最初の歌詞に出て来ます。

“For all the time that you rain on my parade”
(君は僕の邪魔ばかりするよね)

出典:   Justin Bieber/Love Yourself

 

 

 

映画を使った映画学習法

 

洋楽を使った英語学習法

 

海外ドラマを使った英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です