【数えられる?数えられない?】間違やすい不可算名詞

可算名詞、不可算名詞って分かりますか?高校の英語内容を覚えている人ならわかると思います。

可算名詞は数えられる名詞、不可算名詞は数えられない名詞です。例えば、apple, car, book, penこれらは一個、二個、と数えられるので可算名詞です。逆にmoney, time, waterなどは数えることができません。なので可算名詞です。

しかし日本語では数えられる、または数えられそうな名詞も英語では不可算名詞として扱うことが多々あります。今回はそんな紛らわしい不可算名詞について解説していきます。受験生の方は入試でも役立つのでオススメです。

間違いやすい不可算名詞

homework
日本語では「宿題が二つある」などと言うためどうしてもI have so many homeworksなんて言いたくなりますが正解は I have so many homeworkです。ちなみに「家事」を意味するhouseworkも同じです。

information
情報も明確な区切りがないため数えられません。数える場合には a piece of informationを使います。二つの情報なら two pieces of informationです。たくさんの情報と言いたい時にはmanyではなくmuchを使います。I have so much informationという感じですね。

advice
これは私もかなり長い間まちがえてsを付けて使っていました。珍しく文法書をみた時に驚いたのを覚えています笑 これもinformationと同じで a piece of adviceです。

luggage/baggage
なんで数えられないのだろうと疑問に思うと方がいるかと思いますが、これらの意味は「手荷物」です。手荷物と言うのはリュックサックであったり、スーツケースであったり、ボストンバックであったり、、、、たくさんの種類がありますよね。このように一つに特定できないものに関しては不可算名詞として扱い、a piece of luggage/baggageになります。そのため、suitcaseやbagは一つの種類ですので可算名詞でsをつけることができます。

furniture
これも「家具」という一つの種類ではなく総称ですよね。なのでsはつきません。

paper
これはややこしいのですが、いわゆる「紙」を意味する時には不可算名詞となり a piece of paperになるのですが、paperには「書類、文書、論文」という意味もあります。その場合には可算名詞となりsがつきます。

news
これはもう元からsが付いているので可算名詞なのか不可算名詞なのか分からなくなりますが、newsは不可算名詞で、a piece of newsとなります。

ややこしい単複同形名詞とかいうやつ

これは簡単なのですが、英語学習者がイライラするやつです。単複同型名詞とは文字通り単数形と複数形が同じということです。複数形の時にsを付けないってことですね。sを付けないので不可算名詞と間違われますが可算名詞です。単複同型名詞には以下のような単語があります。

  • fish
  • sheep
  • salmon
  • cattle

 

まとめ

今回紹介したものはほんの一部の代表的なものに過ぎません。他にも多くの我々日本人にとってややこしい不可算名詞があり、探し出すとキリがありません。なので個人的な意見ですがこれらのような代表的な物をちゃんと言えれさえすれば十分だと思います。その後は気にせずにガンガン話すことが重要です。

もちろんパーフェクトな文法で話せるに越したことはありませんが、可算名詞か不可算名詞か気になって話すのを躊躇するようでは本末転倒です。ネイティブの人はたとえ間違ったとしても理解してくれます。two fishes?何言ってるの?なんていうネイティブの人は恐らくこの世に存在しないでしょう笑 なので間違っても心配せずに積極的に話すようにしましょう!Stay gold!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です