【日英字幕】メディアに馬鹿にされたブルーノマーズが感動のスピーチ

今回の登場人物

 

 

 

 

 

 

 

今回の動画の字幕

青文字の単語/表現を後で詳しく解説します。

動画の00:15〜

エレン:Yes, but you know, you may not have more than two albums, but you write hit after hit after hit. Every song that you write, everyone knows your music. Everyone sings along to your songs. You have beautiful, beautiful songs. And what I could not believe, and I didn’t talk about this with you backstage, but it’s just it’s hurtful because there were people that were saying and I know you listened to some of this, which you should never listen to it. The New York Times wrote an article saying that
(まだ2つしかアルバム出してないかもしれないけど、曲を書くたびにヒットするし、みんなあなたの曲を知ってるし、みんなが口ずさむし、本当に素晴らしい歌だと思うわ。私が信じられないのは、これ裏で話してる時言わなかったけど、本当に傷つくのよね。あなたも見たと思うし、見るべきじゃないと思うけど、ニューヨークタイムズ紙が記事で…)

ブルーノ:What they say?
(なんて言ってたの?)

エレン:They, well, you know what they say. They basically were, didn’t think he was a star. They said he was not a star because he’s not in the tabloids and he doesn’t have a fragrance, that he’s not, that’s what they said, that he was not ready, and it was too big for him and he couldn’t do it, and he pulled it off, I think beyond what anybody…
(もう見たでしょ?要するに「彼はスターじゃない」的な事をいったの。その理由が、「彼はタブロイド紙に載らないし、自分のグッズがないから」だったの。彼らは本当にそう言った。「まだ彼には早すぎる」とか「彼には舞台が大きすぎて、出来ない」とか。でも彼はみんなの想像以上に成功したでしょ。
)

ブルーノ:I did!  I did hear that and I think that was by far the most, disgusting thing I think I’ve heard, you know. Not because he was taking a shot at me but, I was just thinking about aspiring young
musicians who, you know, want to do this, and even hearing the thought of that you need a fragrance or something like that is just…you know what? I would like to make a little speech and talk to them about this. Can I? Can I do that?
(そうだね!その事については僕も聞いたし、今までで聞いた中で一番…胸糞悪い事だった。それは僕を攻撃してきたからじゃなくて、夢見るミュージシャンたちの事を考えたときに…「グッズが必要だ」みたいな考えを聞くだけで、なんかもう….ちょっとスピーチしてもいい?伝えたいことがあるんだ。)

エレン:Yes please. I would love for you to address this.
(もちろん!この事ついて話してほしいわ。
)

ブルーノI wanna address this. But listen. I need your help. When I’m done with my speech if you can,
if anyone can just cue up the Rocky anthem.

(僕も話したいんだ。でも、エレンの助けが必要だ。僕のスピーチが終わったら、ロッキーのテーマソングを流して欲しい。)

エレン:Oh we have the Rocky anthem. I’m sure we have. We’ll find it. But let’s hear your speech. I think you should address it.
(それならあるわよ、確実に。でもまずあなたのスピーチを聞きましょう。)

ブルーノ:Listen, any young aspiring musicians out there, if music is what you want to do,
if music is what you love and your passion, it doesn’t take a fragrance. It’s not about the Tabloids. It’s about you putting in the work, practicing everyday, practicing your vocals, practicing your instrument, practicing songwriting and hopefully one day you write the song, you know, the whole world wants to get down to.
(聞いてくれ。夢見るミュージシャンたちよ、もし音楽が自分のやりたい事で、音楽が好きでそれが君の情熱なら、それは〇〇ではなく、タブロイド誌に載ることでもなく、それは、君が努力をすること。毎日練習して、ボイトレをして、楽器を練習して、曲作成の練習をして、そしていつの日か、曲を書いた時、世界中の人が君の曲を好きになるかもしれない。)

ブルーノ:And I promise you one day you’re going to have your moment to shine. You’re gonna have a lot of people saying that you can’t do it, and you’re not good enough, but I promise you, if you go out there and you sing and you put your heart and soul into it and follow your dream, one day, you’re gonna be sitting next to Ellen DeGeneres. You’re gonna be sitting next to Ellen Degeneres talking about how you broke records and rocked the Super Bowl. Let’s go! Hit it! Stand up! Stand up America!
(約束するよ、いつか君が輝く日が訪れるということを。たくさんの人に「お前には出来ない」とか「全然良くない」とか言われるだろう。でも一歩踏み出して歌い、心と魂を込め、夢を追い続ければ、いつかエレンの隣に座る日が訪れる。いつかエレンの隣に座り、彼女が自分の偉業やスーパーボウル出演について語ってくれるんだ!行け!流して!皆んな立って!アメリカよ、立ち上がるんだ!)

出典: The Ellen Show

 

🍀重要表現&フレーズ解説🍀

(✅は最重要&使えると表現力UPのことば)

fragrance →  香水

アメリカでは、有名人は自分のプロデュースした香水をグッズとして売り出すことがあります。

自分のプロデュースした香水がある=成功した証 という意味で今回使われています。

今回の和訳では、グッズという訳し方をさせてもらいました。

✅pull off  〜 →  〜をうまくやる、〜を達成する/成し遂げる

pull offは文字通りの「〜を脱ぐ」という意味で知られていますが、そのほかにも「(困難なこと)を達成する・やり通す」という意味があり、頻繁に使われます。

It was not an easy thing to achieve, but she pulled it off.
(それを達成するのは簡単ではなかったが、彼女はやってのけた。)

How did you pull that off?.
(どうやってやり遂げたの?)

 

✅take a shot at 〜 → 〜に挑戦してみる、〜を試してみる、〜を撃つ

今回ブルーノマーズは、狙い撃つ=彼に攻撃してくるという意味で使いましたが、「(初めてのことに)挑戦してみる」という意味もあります。

モンテ
モンテ
take a shot at以外にも、give it a shot, give it a go, give it a tryなどの言い方も出来ます。

I’ll take a shot at skydiving.
(スカイダイビングに挑戦してみる。)

You always talk about running a marathon but you haven’t done it yet. You should give it a try.
(マラソンのことについていつも話してるけど、まだやってないじゃん。挑戦してみなよ。)

 

address 〜 → 〜に対して意見をいう/申し述べる、(問題/事柄について)取り組む、議論する、取り上げる

「住所」や「メールアドレス」などで知られていますが、動詞では上記のような意味を持ちます。

モンテ
モンテ
英検1級のパス単、出る順Aに出てきます。

We need to address this issue right away.
(この問題についてすぐに対処しなければいけない。)

The president addressed the recent terror attack in his speech.
(大統領はスピーチで最近のテロ事件のことについて言及した。)

 

put one’s heart and soul into ~ → 〜に全身全霊を注ぐ、〜に一生懸命になる、

日本語の「全身全霊を注ぐ」という表現と全く同じですよね。何かを一生懸命に頑張ったり熱中している時に使われます。

モンテ
モンテ
これ以外にも、put one’s blood, sweat, and tears into、
またシンプルにput work intoや put time and effort into
など様々な言い換えが可能です。

If you want to be a successful soccer player, you’ll have to put your heart and soul into it.
(もしサッカー選手として成功したかったら、サッカーに全身全霊を注がなければいけないよ。)

After putting a lot of time and effort into studying, he passed the college entrance exam.
(一生懸命勉強した結果、彼は大学の入試試験に合格した。)

 

✅rock  〜 →  〜素晴らしい、すごく良い、盛り上げる

元々、「揺する、動揺させる」などの意味を持ちますが、スラングでは

「主語 + rock」で(主語が)最高にイカす

というような意味を持ちます。対義語としてsuckがあります。

気を付けたいのは、「最高だ」ということを形容する意味ですが、あくまでも動詞なので

「主語 + be動詞 + rock」にしないようにしましょう。

What a view! This place rocks.
(すんげえ景色だな。この場所最高じゃん!)

Ed Sheeran rocks every song he writes.
(エドシーランは毎回最高の曲を書くよね。)

This present is for me? You rock!
(これ俺へのプレゼント?お前最高だな!)

 

hit it   →  曲を流す

 

 

映画を使った映画学習法

 

洋楽を使った英語学習法

 

海外ドラマを使った英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です