【日英字幕】激かわ: 自身の恋人について聞かれ、かなり動揺するアリアナ・グランデ

今回の動画の字幕

 

 今回の登場人物

 

 

 

 

 

 

 

 

動画の00:11〜

青文字の単語/表現を後で詳しく解説します。

エレン:Um…let’s talk about your love life, can we?
(そんならあんたの恋愛について話そうか?)

アリアナ:Oh my god.
(オーマイガー)

エレン:Do you mind?
(ええやろ?)

アリアナ:Oh god. I do, I don’t know man. This is so crazy.
(ええ…分かんないよ。やばいってこれ。)

エレン:What? The thing is the guy that you’re with is Mac Miller right?
(なんや?だってマックミラーと付き合っとるんやろ?
)

アリアナ: Oh my god. Is this coming..
(ああもう…話すのかぁ… )

エレン:When you were here before, he was here. He was.. a dancer. No, he’s a rapper.
(あんたが前回出た時に、彼もいたんよな 。ダンサーだった…違うラッパーか。)

アリアナ:Yeah.
(そう。)

エレン:He was with you.
(一緒にいたもんな。
)

アリアナ: We performed together on your show. We were babies.
(エレンの番組で一緒にパフォーマンスしたの。まだ幼かったわね。)

エレン:And I asked you, I asked you something about him. And you said I’m his homie and now he’s living in your homie.
(そん時私、あなたに彼のこと聞いたよな?そしたら彼はただの相棒だって言ってたのに、今あなたの家に住んでるじゃない。)

アリアナ:There’s that.
((写真を見て)これだ。)

エレン:Right. Cuz y’all were, that was years ago.
(せやな。3年前やん。)

アリアナ:It was yeah, yup.
(そうね。)

エレン:So you’ve been friends and then all of a sudden now you find out…
(ずっと友達だったけど、突然付き合い始めたん?
)

アリアナ:This is so crazy. I’ve never like, have the relationship talk on a show before.
(ああもうやばみ。恋愛のことなんて今までトークショーで話したことないから。)

エレン:But you’re with him right? And you’re happy and stuff?
(でも付き合ってて、幸せなんやろ?)

アリアナ:Oh yeah.
(うん、そうよ。)

エレン:Okay good.
(そりゃ良かった。)

アリアナ:Thanks.
(ありがと。)

エレン:That’s good. Good talk.
(良かった。いい会話だったな。
)

アリアナ:Good talk.
(いい会話だったね。)

出典: The Ellen SHow/Ariana Grande on Love, Bicycles & the VMAs/https://www.youtube.com/watch?v=2bMXOHqU4RY

 

🍀重要表現&フレーズ解説🍀

(✅は最重要)
(🆙は使えると表現力UP)
(🔥は上級レベル)

✅🆙Do you mind 〜 ? → 〜してもいいですか?

恐らく知っている人が多いとは思いますが、しっかりと理解できていない人も多いのではないでしょうか。

mindは「〇〇を気にする、嫌がる」と言う意味です。つまりこの文章を直訳すると、「〜したら嫌ですか?」になります。そのためこのあなたが誰かに文章で聞かれて、「いいよ」と返事をする場合は yes ではなく No になります。

これはネイティブでも間違える人がいるらしいです。mindを使うときは大抵、OKをもらえるような内容の時に使われるので、どうしても反射的にyesと言ってしまいがちなのです。

mindを使った疑問文のパターン

Do you mind?

Do you mind doing 〜 ?

Do you mind me doing 〜 ?

Do you mind if I do 〜 ?

Would you mind if I + 動詞の過去形 ? (丁寧)

 

Do you mind sitting here?
(ここに座ってもいい?)

Do you mind me sitting here?
(ここに座ってもいいですか?)

Do you mind if I open the window?
(窓を開けてもいいですか?
)

Would you mind if I smoked here?
(ここでタバコ吸っても良いでしょうか?)

 

🆙the thing is → 実を言うと、実は、大切なことを言うと

これから何が重要なこと、大切なことを言う出す前に枕詞のような形で文頭に使います。これは口語でしか使われません。

モンテ
モンテ
似たような表現に、here’s the thing, the problem is などがあります。

A: Why are you not going to the party?
(なんでパーティー行かないの?)

B: Well, the thing is, I don’t really like crowded places.
(まあ実を言うと人混みが嫌いなんだよね。)

 

A: What are you hiding? Don’t beat around the bush!
(何を隠してるの?もったいぶらないで早く言いなさい。)

B: Okay, the thing is, I got fired.
(わかったよ。実は仕事クビになっちゃったんだ。)

 

we were babies →  幼かった

当然、本当に乳児だったと言っているわけではありません。昔の自分の姿を振り返る時に、幼かった、若かったと言うニュアンスでbabyが使われることがあります。

 

🔥homey/homie →  友達、相棒、幼なじみ

友達を指す若者に使われるスラングです。特に同じ地域で育った非常に中のいい友達に使われます。アフリカ系アメリカ人が使っていたことがルーツで、ヒップホップなどでこの言葉が広まりました。

エレンがこの後いった、”Now he’s living in your homie.” というのは本来はhomieの部分がhome、家に住んでるというところを、前の文章で使ったhomieにして面白おかしく言っているのです。

 

🔥y’all →  you allの略、あなたたち

 

🆙all of a sudden → 突然に

All of a sudden, it started raining.
(突然雨が降ってきた。)

When the professor shouted, everyone got quiet all of a sudden.
(教授が叫ぶと、突然みんな静かになった。)

All of a sudden, the economic situation looks grim.
(突然、経済状況が厳しくなってきた。)

 

🆙and stuff → など、とか

よく、and stuff like thatの形で使われますが、and stuffだけでも使われます。

A: What did you buy?
(何買ったの?)

B: I bought cookies and stuff.
(クッキーとか買った。)

A: What kind of assignments the professor is going to give us?
(あの教授はどんな課題出してくるの?)

B: Weekly reports, quizzes and stuff like that.
(毎週のレポートとかクイズとか。)

 

映画を使った映画学習法

 

洋楽を使った英語学習法

 

海外ドラマを使った英語学習法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です